最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ナース

下肢静脈瘤とは、立っている時に脚の静脈に血液が溜まり、血管が蛇行したり、瘤のように膨らんだりする疾患です。
静脈を通る血液は、心臓の吸引力や筋肉のポンプの力によって心臓へ戻ります。
そして、静脈血管の中には弁がいくつもあり、この弁があるおかげで血液が逆流をせずに正常に働いています。
しかし、まれにこの弁が機能しなくなってしまう場合があります。
そうすると静脈内で血液の逆流が起こり、血液が溜まってしまうことになり、これが下肢静脈瘤が出来る原因です。

この疾患は、長時間に渡って立っている事が多かったするとなりやすいです。
そのため、仕事等で立っている事が多い人は注意が必要で、遺伝的に静脈の弁が脆くてもなりやすいとされています。
下肢静脈瘤の治療を行うには、専門のクリニックを利用することが適切であり近年は治療技術も格段に進化しています。

治療について

下肢静脈瘤の可能性がある場合には、早めにクリニックを受診して治療を開始する事が大切です。
クリニック等での治療方法は、症状の重さによって異なってきます。
まずは軽いだるさを感じるくらいの軽度の人の場合は、弾力包帯や弾力ストッキングを使う場合が多いです。
これらを装着する事で脚に圧力を加えて、症状の改善を促します。
次に痛みや痒みを感じる等の重い症状の場合には、手術や硬化療法といった方法が行なわれます。
手術とは、症状が起きている静脈を縛ったり抜去したりするというものです。
ただし、この方法は入院の必要があったり、手術跡が残るといった特徴があります。
この手術の特徴を避ける方法が硬化療法です。
患部に硬化剤を注入して、患部の静脈を固めてしまうという方法です。

予防方法について

上記のように症状が出ると治すのが大変になるので、出来るだけ予防するように気を付ける事が大切です。
具体的な予防方法としては、長時間立ち続ける事を避ける事が一番のポイントです。
立っている時間が長いと重力の作用で、どうしても血液が下肢に溜まってしまうためです。
ただ、仕事等で長い時間立っていなければいけない時もあります。
そういう場合には、定期的に屈伸をしたり、圧力の弱い弾力ストッキングを履いたりする等の対策を取る事が重要です。

また、夜眠る際に脚を少し高くして眠るのも有効で、脚の下に枕やクッションを置くのが良いでしょう。
他にも日頃から運動をして脚の筋肉を鍛えておく事も大切です。
筋肉が鍛えられると、血液を押し出す筋肉のポンプ作用が強くなるからです。
下肢静脈瘤の治療を行う際には、こうした日常的にできることでも十分に予防ができるようになっているので取り入れていきましょう。

オススメリンク

診察

年々進化

この下肢静脈瘤の場合、これまでは手術が最も一般的でした。薬剤…Read more
内服薬

費用の差

だるさやむくみと共に足の血管が凸凹と浮き出てくるなどの症状が…Read more

関連リンク